R15指定 短編SS



真なるクー  〜せいそうするもの〜 大文字版

真なるクー  〜せいそうするもの〜



 事の起こりはそう、ワタクシが屋敷を訪れたことから始まりました。
 玄関をはじめ、ロビー、廊下、応接室、食堂など、いたるところに放置されたゴミ。
壁際には塵埃がうっすらと積もっている。
 ワタクシが移動する度に足元をふわふわと綿埃が舞い踊り、まるで廃墟にでも訪れたのかとすら錯覚させるには充分すぎるロケーション。
 あまりの出来事に言葉を失っていたものの、こちらを見つめる視線にふと気付く。
 クー・トゥルーとその主が料理を手にし、インスマスが皿をテーブルに置こうとしている体勢のまま、時間が止まっているかのようにワタクシを見ていました。

「これは一体どういうことですの!?」
 食堂でのんきに朝食を口に運んでいたクー・トゥルーを厳しく問い詰める。
 それをこの色ボケ邪神ときたら、ワタクシを冷ややかに一瞥すると何事もなかったように人間にまとわり付き始めた。
「主よ、これは精がつく。 さぁ、遠慮せずに食べよ」
「そんなのばかり俺に食べさせてどうするつもりだ。 精がつくならクーが食べればいいだろ」
「我が食べても力は戻らぬ。 ……そうか、主は激しく求められるのが好みであったか。 ククク、今日は一日楽しく過ごせそうだ」
「前言撤回! これ以上激しいのはお願いだから勘弁して──」
「ワタクシを無視するなんていい度胸ですわね! 少しは話を聞こうという気に──」
「インスマス。 ツントゥグアが満足するまで食事を与えよ」
 クー・トゥルーが冷徹な視線をこちらに向けたところで、ワタクシの前に食事が並べられ意識は途切れました。


「それで、何の用件があって我の邪魔をするのか聞かせて貰おう」
 ワタクシは、前に積み上がった皿の向こう側から聞こえる声に我を取り戻しました。
 しかし、ここは努めて冷静にナプキンで口元を拭うことで、何をしにきたのかと記憶の反芻を試みる。
「ワタクシに食事を用意すれば何でも許されると思ったら間違いですわよ」
「別にそこまでは考えてはいない。 ただ我の営みを邪魔をされるのが嫌いなだけだ」
 クー・トゥルーは その主の頭を胸に抱きいれ、肩をぺちぺち叩かれている。
「ともかく、この屋敷の荒廃ぶりを説明して頂きたいですわね」
 呆れたような目を一度こちらに向け、クー・トゥルーは胸元の主に問いかけました。
「何か問題があるのか? 主よ」
「う〜ん。 ちょっと埃っぽいかなぁ」
 そして、その横で頷くインスマスを見たときワタクシの視界が暗転しました。
「ちょっとではないですわ! こんな廃墟同然の屋敷に住んでいて気にならないんですのっ!?」
「我は主がいれば何も気にならぬ」
「ゴミに埋もれて生活してるなんて、気でも違っているのではなくて!?」
「我にそんな趣味はない。 ゴミはちゃんと片付けてあるではないか」
 クー・トゥルーはそう言ってあごで壁際を指し示す。
 そこには壁を覆わんばかりにうずたかく積まれたゴミの山があった。


 ……そう、落ち着かなければ。
 問題だらけであっても、問題ない。
 ここでワタクシが生活してるわけでもないですし、実際に住んでいる者たちがゴミにまみれて生きていこうともワタクシが近づかなければいいこと。
 実際にワタクシがこの屋敷に用事があるとすれば食事の……
 食事? ここは食堂ですわよね? ここにこれだけのゴミがあるということは……
【思考キャンセル猛ダッシュ】
 ワタクシがここまで本気を出したのは、ここ数千年で初めてのことでした。

「ク〜〜・トゥル〜〜〜〜」
 地の属旧支配者として相応しい、深淵から響く怨嗟の如き声をのどから発すると、ワタクシは彼女を睨みつける。
 それに対して、邪魔をするなと言いたげな訝しむ視線がワタクシを貫く。
「貴様も暇ではなかろう。 食事が終わったならば疾く去るがよい」
「貴女、何故あんな状態の厨房で食事を作らせているの! 正気!?」
「興味がない。 我が主にも特に問題がないのであれば一向に構わぬ」
「もう我慢できませんわ! ワタクシが片付けますっ、深きものども借りますわよ!」
 返事を聞くつもりもないので、風を切るようにして食堂を後にする。
 道すがら見かけた者たちに声をかけ、庭に集合するように言い渡す。

 数分後、屋敷の前には数十人の深きものども、インスマスが集まっていた。
「よく集まりました。 これより屋敷の大掃除を致します。 徹底的に行うつもりですので心してかかりなさい」
 ワタクシの宣言とともに湧き上がる不満の声。
「そう…… 今日の昼食は活け造りと踊り食いに決まりですわね」
 その瞬間、だらけていた者たちが口をしっかりとつぐみ、直立不動を取る。
「では、屋敷に溜め込んだゴミを運び出しなさい。 それが終わったら換気を充分に取り、天井から床まで積もっている埃を綺麗に取り除きなさい!」
 腕を大きく振り号令をかけた瞬間、整然と隊列を組み屋敷へと歩を進める者たち。
 かといって大雑把な作業しかできない者たちに任せるのは心配なので、ワタクシも掃除しましょう。


 屋敷の中は混乱を極めていた。
 埃が舞い上がるのも気にせず積み上げられたゴミを崩す者、換気もせずにハタキを使い塵を撒き散らす者など、掃除をしているようには思えない光景が広がっていた。
 そして、その中を主を引きずりながら悠然と歩いているクー・トゥルー。
「クー・トゥルー! 掃除をする気がないなら邪魔になるところにいないで頂戴!」
「……安心するがいい。 我はこれから寝室に戻る。 気の済むまで清掃に励むがよい」
 無表情に気のない返事を返すクー・トゥルーに文句のひとつも言おうと口を開いた瞬間、深きものが屋敷の端にある部屋の扉を突き破り転がり出てきた。
「なっ…… なんてことしてくれるのよっ! 扉を壊したら……」
 扉を突き破った深きものに駆け寄ったワタクシの目に映る数人の人影。
 部屋の中には黄色に染め上げた衣を身にまとったハスツゥンが憮然とした態度でこちらを睨んでいた。

「なぜアンタがここにいるのよ。 ここはあの忌々しいクー・トゥルーの住処じゃないの」
 胸の前で腕を組み、胸を張るような格好でこちらを見詰めてくる。そんな両腕を使って寄せて上げても、大して変わらないバストサイズだというのに……
 それにその下品な格好。チラリズムすら理解できないお子様らしいですわね……
「……今アタシのこと馬鹿にしたでしょ! おっぱいが大きいからって偉そうにしないでよね!」
「そんなことにこだわってるから子供扱いされるのがわからないのかしら」
 物凄い目付きでワタクシの胸を凝視してくるハスツゥンを、着替え中だったらしい半裸の女がなだめるように声をかける。
「ハスツゥン。 君の胸は愛らしくていいとわたしは思うぞ」
「うぅ、主がそう言うなら…… でも別に我が主がロリコンだからアンタを許してあげるわけじゃないんだからねっ!」
 腰に手を当てたハスツゥンがこちらを力いっぱい指差してくる。
 その後から人間とは思えない禍々しい気をまとって女主が武具を構えた。
「やっ! それはアカンて! 口が滑ったのは謝るから堪忍したってやっ!」
 背後からの殺気だけでハスツゥンが頭を抱えて座り込む。
「なんだ。騒々しいと思えば、ハスツゥンがいるではないか」
 そこには、今まで主以外に興味を示さなかったクー・トゥルーが立っていた。

「あ、君は──」
「出たわね、クー・トゥルーっ! 無防備にアタシの前に現れたこと、後悔しなさい!」
 女主の台詞に被せるようにハスツゥンが叫ぶ。
「あれ? あなたは弁護士さ──」
 それまで引きずっていた人間をワタクシの胸に押し付けてクー・トゥルーが一歩前に進む。
「な、なななななんてことするんですのっ! 人間の分際でワタクシの胸に顔を埋めるなんて!」
 クー・トゥルーは興を殺がれたといった風情で振り向き、哀れみを含んだ冷静な眼差しをこちらに向け口を開く。
「ツントゥグア…… 安心するがいい、貴様の胸では我が主は欲情できない」
「な、なんですってーっ! ワタクシの豊かな胸が貴女程度の胸に劣ると言いたいんですの!?」
「ちょ、ちょっと〜、アタシの話を──」
「胸は大きさだけではない。 張り、弾力、更には肌の質感をも考慮に入れるべきもの。
ただ脂肪が詰まってさえいれば満足するというものではない」
「ワタクシの胸が脂肪でぶよぶよだとでも言いたいのかしら!?」
 怒りに身を振るわせるワタクシの胸を鷲掴みにすると、クー・トゥルーはかすかに表情を緩め、勝ち誇ったそぶりを見せる。
「なっ、なんですの! その可哀想なものでも見るような顔は!」
「すまぬ、主よ。 不快であったろう。 後で存分に我が胸を堪能するがよい」
「く〜〜っ、人間! ワタクシの胸は最高ですわよね!?」
 その手をつかみ、ワタクシの胸に押し付ける。
 クー・トゥルーも対抗するかのように、もう片方の手を自分の胸に導き揉みしだかせ始める。
「遠慮せずに言うがよい。 我の胸に勝るものはないとな」
 人間如きにワタクシの胸を触らせるのも癪ではあるものの、この胸が劣ると言われては引き下がる事はできない。
 人間の手を覆うように掌を被せ、胸の感触を確かめさせる。
「えっと、あの〜。 この状況は……」
 人間は真っ赤になって周りを見回し口ごもる。

「そこの二人! アタシを無視して何やってんのよっ!」
 ワタクシのプライドがかかった崇高なる戦いを邪魔するように口を挟むハスツゥン。
「貴女には関係ないことですわ。 消えなさい」
 そう言ってハスツゥン一行がいる部屋の床を消し去る。
「え? きゃあ────っ!」
 床が突然斜面になったことで半数が闇に消え去る。
「あ、主〜〜! よ、よくも主を──っ!」
「今ならまだ主とやらを追えますが如何しますか? 今すぐこの道を閉じても良くてよ」
 屈辱に打ち震えながらこちらを睨み付けてくる。
「バイヤヒート、主を追うわよ! 二人とも覚えておきなさいよーっ!」
 ハスツゥンは捨て台詞を残して地の底を目指して去ってゆく。
 ワタクシは人間に振り向くと優しく微笑みかける。
「さぁ答えなさい。 どちらの胸が素晴らしいのかを」
「二人とも──」
「主よ、どちらがいいのかはっきりさせてもらおう」

「……クーは至高の胸。ツントゥグアは究極の胸です……」
 何が言いたいのかわからなかったものの、その言葉に気分を良くしたワタクシは掃除を再開した。
寝室から聞こえてくるうめき声すら心地よい音楽にしか聞こえない充実した日でした。





邪神崩し


 30,000 Hit 御礼
 Flash ブロック崩し

真なるクー 邪神崩し
真なるクー 邪神崩し


30,000 Hit 記念も兼ねて Flash を利用したブロック崩しゲームを用意しました。
今回の話の後日談にゲームが付いたような感じです。
何回でも挑戦可能なので気楽に遊んで下さい。

また、Flash を切っている環境などの場合は、携帯ページの方でも後日談とイラストは
ご利用頂けますが、イラストサイズは小さめ、枚数は若干少なめとなります。
ご了承下さい。

後日談&ゲームはこちらになります。別窓で専用サイトへ飛びます。





オンライン小説検索エンジン NEWVEL


NEWVEL の オンライン小説ランキング に参加しています。
投票して頂けると喜びます。妙な存在を召喚するくらいに。

投票ボタンを押して表示されたページにある、
投票するをクリックして頂ければ投票できます。


月間ランキングとなっておりますので、今月投票して
頂いた方は 申し訳ありませんが投票できません。
次回ランキングが開催される来月に宜しくお願い致します。



今後も稚拙ながら楽しめる作品を書いていきますので、宜しくお願い致します。



直接このページに飛んできてトップメニューが表示されていない場合には、
ここをクリックして頂ければ RetroWorld トップ画面が開きます。


『 真なるクー まとめサイト 』を構築しました。
属性作家競演によるコズミックコメディをお楽しみ下さい。




TOPへ

Sorry,This web page is japanese only.

このウェブページに掲載されている作品について、とくに断りがない限り
elc ◆ForcepOuXAが著作権を所持しており、その扱いは日本国の著作権法に準じます。
法律が認めた範囲を超えた二次利用、及び商利用を禁止します。

About the work carried by this web page, as long as there is especially no notice,
elc ◆ForcepOuXA possesses copyright,
and that treatment applies to the Copyright Act of Japan correspondingly.
The secondary use beyond the range which law accepted, and quotient use are forbidden.
Copyright © elc ◆ForcepOuXA. 2005-2006.


2006-09-29 作成 - 2006/10/12 更新
RetroWorld トップページへ
inserted by FC2 system